「Born Again」チャン・ギヨン&イ・スヒョクが対立…チン・セヨンをめぐる三角関係も加速

「Born Again」チャン・ギヨン&イ・スヒョクが対立…チン・セヨンをめぐる三角関係も加速

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。写真=KBS 2TV「Born Again」放送画面キャプチー殺人事件の容疑者にされているチャン・ギヨンと、捜査を絞っていくイ・スヒョクの対立が表面化し、急速な展開を見せている。4日に韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「Born Again」は、どんでん返しのエンディングで視聴者を衝撃に陥れた。オープニングでチョン・ジョンボム(チャン・ギヨン)が葬った遺棄犬の墓から、放送終盤に検察官キム・スヒョク(イ・スヒョク)によって“コン・ジチョル模倣犯罪”の被害者に関わる遺骨が発見されたのだ。これに先立って事件の被害者と便利屋さんのバイトとして出会ったチョン・ジョンボムは、15歳の時に殺人事件の容疑者にされた過去が明らかになり、さらに疑いを持たれた。父である検事長チョン・ソクテ(チェ・グァンイル)まで冷たい態度を見せてさらに窮地に追い込まれた状況の中、1980年代にコン・ジチョル(チャン・ギヨン)を弁護してチョン・ソクテと対立したチャン・ヘミ(キム・ジョンナン)がチョン・ジョンボムに接近して緊張感を高めた。続いてチョン・ジョンボムに、コン・ジチョルという名前で届いた「イム・ファヨンは死んで当然だ」「俺たち、会う時になったと思わない?」というメッセージは鳥肌を立たせた。当時、“黄色い傘連続殺人事件”の犯人にされたコン・ジチョルは死刑になったためだ。特にこれを執行した看守が、チョン・サビン(チン・セヨン)の父であることが明らかになって衝撃を倍増させ、過去の悪縁が現生にまで絡み合っていることを推測させた。チョン・サビンをめぐる2人の男性の心理戦にも火がついて、興味をそそっている。キム・スヒョクは本能的にチョン・サビンを救い、口喧嘩をした後も家まで送る意外性のある一面で、彼女をドキドキさせた。チョン・ジョンボムはそんな彼のアプローチを露骨に警戒し、チョン・サビンを思い出すたびに浮かべる純粋な笑顔からは、彼女が彼にとって特別な意味を持っていることを垣間見ることができた。このように一寸先が分からないミステリアスな事件とときめく三角関係が加速している中、キム・スヒョクと対立するヤクザのソ・テハ(チェ・デチョル)、チョン・サビンに嫉妬し始めたキム・スヒョクの婚約者ペク・サンイ(イ・ソエル)まで、周りの人物たちも尋常ではない亀裂を起こしており、状況は一触即発に向かっている。

[紹介元] Kstyle – 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle 「Born Again」チャン・ギヨン&イ・スヒョクが対立…チン・セヨンをめぐる三角関係も加速

スポンサーリンク

14万本以上もの映像作品、70誌以上の雑誌、さらにコミック・書籍が30万冊以上!
ラインアップは国内最大級!話題の新作をいち早く見るなら絶対U-NEXT!