“性的暴行の疑い”キム・ゴンモ、起訴意見で検察に送致…所属事務所はノーコメント

“性的暴行の疑い”キム・ゴンモ、起訴意見で検察に送致…所属事務所はノーコメント

写真=マイデイリー DBキム・ゴンモが性的暴行の容疑で検察に送致された。ソウル江南(カンナム)警察署は25日、キム・ゴンモの性的暴行の疑いに対して、起訴意見でソウル中央地検に送致すると伝えた。起訴意見とは、警察がキム・ゴンモに性的暴行の容疑があると判断し、検察に起訴すべきだという意見を出したことを言う。警察は性的暴行が実際にあったと判断して、検察に送致したということだ。これに関し、キム・ゴンモは取材陣にコメントを明かしていない。キム・ゴンモの性的暴行の疑いは、カン・ヨンソク弁護士のYouTubeチャンネル「カロセロ研究所」で初めて提起された。昨年12月、カン・ヨンソク弁護士はキム・ゴンモがソウル江南区論硯洞(ノンヒョンドン)にある風俗店で働いている被害者女性A氏のもとを、2016年8月に顧客として訪れて性的暴行をしたと主張した。これと関連してキム・ゴンモは「性的暴行は事実無根だ」とA氏を虚偽告訴罪で告訴した。その後、警察はキム・ゴンモの車を捜査し、GPS(位置情報システム)の記録を確保した。警察は押収物の分析を通じて、事件当時のキム・ゴンモの動線を把握し、性的暴行の暴露以来、キム・ゴンモが被害者A氏に懐柔し、脅迫したという疑惑についても調査した。キム・ゴンモは今年1月、ソウル江南警察署に出席して12時間の警察調査を受けた。当時キム・ゴンモは取材陣に「国民の皆様にご心配をおかけして申し訳ない。警察で誠実に調査を受けた。一日も早くが真実が明かされてほしい」と話した。キム・ゴンモの法律代理人も「時間が経てば、真実が明かされるだろう」と伝え、懐柔の疑惑については「事実無根だ」と否定した。キム・ゴンモは最初に性的暴行の疑いが提起された頃から「事実無根」だと一貫して主張している。しかし、警察は疑いがあると判断して検察に起訴意見で送致したため、今後の捜査に対して注目が集まっている。

[紹介元] Kstyle – 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle “性的暴行の疑い”キム・ゴンモ、起訴意見で検察に送致…所属事務所はノーコメント

スポンサーリンク

14万本以上もの映像作品、70誌以上の雑誌、さらにコミック・書籍が30万冊以上!
ラインアップは国内最大級!話題の新作をいち早く見るなら絶対U-NEXT!