パク・ジェボム、格闘家ブライアン・オルテガから暴行?事務所がコメント「顔を叩かれたが健康に異常はない」

パク・ジェボム、格闘家ブライアン・オルテガから暴行?事務所がコメント「顔を叩かれたが健康に異常はない」

写真=OSEN DB歌手パク・ジェボムがアメリカの総合格闘家ブライアン・オルテガから受けた暴行被害に対して、所属事務所が「健康には全く異常はない」とコメントした。パク・ジェボムの所属事務所AOMGは9日午前、OSENとの取材で「ブライアン・オルテガ選手から喧嘩を売られたのは事実だが、警護員の迅速な対応で退場措置となった。アーティストには、多くの方々が心配される負傷など、健康には全く異常がない状態だ」とコメントした。これに先立って8日(韓国時間)、アメリカのメディアESPNのアリエル・ヘルワニ記者は、自身のSNSに「韓国の歌手パク・ジェボムが、ブライアン・オルテガ選手に殴られた。これはパク・ジェボム本人が言ったものだ。ブライアン・オルテガ選手は、パク・ジェボムの通訳を問題にした」という文を掲載した。プロ選手が一般人であるパク・ジェボムに暴行を加えたということに多くのネットユーザーたちの非難が殺到した。続いて、ヘルワニ記者は「ブライアン・オルテガ選手は、ジョン・チャンソン選手(韓国の総合格闘家)がトイレに行ったのを見て、パク・ジェボムに近づき『君がJay Park(パク・ジェボム)か?』と聞き、『そうだ』と答えると、手のひらでパク・ジェボムの頬を叩いた」と明らかにした。この日パク・ジェボムは、UFC 248のゲストファイターとして招待された総合格闘家ジョン・チャンソン選手に同行して会場を訪れた。2人は同じ所属事務所であり、パク・ジェボムがジョン・チャンソン選手の通訳を務めた。ブライアン・オルテガ選手は、ジョン・チャンソン選手のインタビューに対するパク・ジェボムの通訳に不満を表しているものと推測されている。ジョン・チャンソン選手とブライアン・オルテガ選手は昨年、釜山(プサン)で開かれたUFC韓国大会のメインイベントを飾る予定だったが、ブライアン・オルテガ選手の負傷で試合が実現しなかった。その後、ジョン・チャンソン選手はインタビューで、「(オルテガは)僕からすでに一度逃げた。あえて引き止めたくない」と話した。ブライアン・オルテガ選手は、ジョン・チャンソン選手のインタビューを通訳したパク・ジェボムに対して「僕の試合を見に来ることは歓迎する。でも僕に出くわした時に僕が打ちのめしても驚くな。負傷と逃げることは違う」とし、不快感を表した。・パク・ジェボム&Dumbfoundead、ポン・ジュノ監督との記念ショットを公開「パラサイト2に出演させてほしいと…」・パク・ジェボム、山火事の被害者に325万円を寄付「オーストラリアのために祈ってほしい」

[紹介元] Kstyle – 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle パク・ジェボム、格闘家ブライアン・オルテガから暴行?事務所がコメント「顔を叩かれたが健康に異常はない」

スポンサーリンク

14万本以上もの映像作品、70誌以上の雑誌、さらにコミック・書籍が30万冊以上!
ラインアップは国内最大級!話題の新作をいち早く見るなら絶対U-NEXT!