HINAPIA ミンギョン、PRISTIN解散から再デビューも…当時の心境明かす「永遠に眠りたいと思った」

HINAPIA ミンギョン、PRISTIN解散から再デビューも…当時の心境明かす「永遠に眠りたいと思った」

写真=MBC every1「ビデオスター」放送画面キャプチャーHINAPIA ミンギョン(ロア)が、PRISTIN解散当時の心境を明らかにした。最近韓国で放送されたケーブルチャンネルMBC every1「ビデオスター」は、「荒っぽい考えと不安~悩まないで」特集で飾られた。キム・チャンオク教授が出演して現代人たちの悩みを共に共有し、アドバイスを伝えた。2017年にPRISTINとしてデビューしたが、2019年に解散の痛みを経験したミンギョンは、自らHINAPIAでの再デビューに向けてメンバーたちを集め、所属事務所を探したという。ミンギョンは「チームが解散となった。そのため、話が合う仲間たちともう一度挑戦してみようと思って、昨年11月に再デビューした。(PRISTINとして)デビューした後、成功し続けるはずだと思っていた。賞もたくさんもらった。しかしチームが無くなったらすべてが崩れていくような感じがした。その時から目覚めるのが嫌だった。率直に言って永遠に眠りたいと思った」と告白した。続いて「このままでいると、本当に悪いことが起きてしまうと思った。まだ経験が少なく、幼いからそう思ったようだ。私という人間と、人々の目に見える私の姿の間で違和感を感じた。一生懸命にダンスを踊ってから家に戻っても、そんな考えでいっぱいだった。幼い頃から(本当の)私の姿を隠し、ファンが好きになってくれる姿を練習していた」と伝え、出演陣たちの心を痛めた。これを聞いたDJ CHUNJAは「大変なことがあったら私に連絡してね」と慰めた。・HINAPIA ミンギョン、PRISTIN解散に涙の心境告白「私の価値も全部なくなった感じ…目覚めるのが嫌だった」・突然の解散から再始動…HINAPIA、新グループでの覚悟を語る「正反対の姿を見せなければと…」

[紹介元] Kstyle – 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle HINAPIA ミンギョン、PRISTIN解散から再デビューも…当時の心境明かす「永遠に眠りたいと思った」

スポンサーリンク

14万本以上もの映像作品、70誌以上の雑誌、さらにコミック・書籍が30万冊以上!
ラインアップは国内最大級!話題の新作をいち早く見るなら絶対U-NEXT!