「フォレスト」チョ・ボア、患者を任せられ医師としてのやりがいを感じる

「フォレスト」チョ・ボア、患者を任せられ医師としてのやりがいを感じる

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。写真=KBS 2TV「フォレスト」放送画面キャプチャーチョ・ボアが、突然患者たちの訪問を受けた。13日韓国で放送されたKBS 2TV「フォレスト」では、チョ・ボアが突然の患者たちの訪問を受け、医者としてやりがいを感じた。チョン・ヨンジェ(チョ・ボア)は突然患者を迎えることになった。病院長の特別指示で江原(カンウォン)ミョンソン病院に向かうシャトルバスが、ミリョン病院に到着したのだ。病院長は「チョン先生が患者を担当してみろ」と話した。パク・ジンマン(アン・サンウ)は「チョン先生一人でなんとかしてください」と言った。これに対して、チョン・ヨンジェは「責任者が報告書を上司に提出しなければならないのに、患者を置いて逃げたことも、そのまま伝えていいのね」と大声を上げた。これに対してパク・ジンマンは「病院長にあのように言われて、注目されてる気分なの? 言っておくけど、それでもここはミリョン病院だ。江原病院ではない」と話した。上機嫌になったチョン・ヨンジェは、カン・サンヒョク(パク・ヘジン)にご飯をおごると言った。カン・サンヒョクは「一体何があってそんなにアドレナリンが爆発しているの?」と尋ねた。これに対して、チョン・ヨンジェは「ミリョン森に来て、初めて良くやったと思った1日だった」と言って、幸せそうな表情を見せた。・「フォレスト」パク・ヘジン、チョ・ボアを慰める“重荷を下ろすことは逃げではない”・「フォレスト」パク・ヘジン、チョ・ボアのためにサプライズでランチを準備

[紹介元] Kstyle – 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle 「フォレスト」チョ・ボア、患者を任せられ医師としてのやりがいを感じる

スポンサーリンク

14万本以上もの映像作品、70誌以上の雑誌、さらにコミック・書籍が30万冊以上!
ラインアップは国内最大級!話題の新作をいち早く見るなら絶対U-NEXT!