「マネーゲーム」コ・ス、世間の通貨危機に新法案の可決を要請

「マネーゲーム」コ・ス、世間の通貨危機に新法案の可決を要請

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。写真=「マネーゲーム」放送画面キャプチャー「マネーゲーム」でコ・スニとイ・ヘジュンが、トービン税(投機的な国際資本移動を抑制するため、短期的な為替取引に低率で課税する通貨取引課税)法案の可決を要請した。韓国で13日に放送されたtvN「マネーゲーム」ではトービン税の法案が議論中であるというニュースが報道された中、外国人資産家らの為替販売価格が2兆ウォン(約1850億円)に達した。通貨危機を懸念するニュースが続く中、15兆ウォン(約1兆5000億円)の資金が流れ、証券市場が危機に陥った。トービン税の導入を要求する集会にも3万人以上の市民が参加した。外国人がお金を持っていく前に法案が可決されなければならないというチェ・イホン(コ・ス)の言葉に、企画財政委員長が「そうすべきです。よくやってくれました」と握手を求めた。ホ・ジェ(イ・ソンミン)はこのような事実をチェ・イホンから聞いた。「あの人、いつも何か企んでいる人だ。間違いないだろう」とホ・ジェの言葉にイホンは「はい、間違いありません」と答えた。ジョンイン銀行の売却を止めるホ・ジェは、「トービン税が20日以内に可決する予定だから何があっても耐えるべきだ」と言い、「ウジン造船海洋を抱えろ」と脅迫した。理事会の話が出ると「どうか僕の話を聞いてください」と強く圧力をかけた。

[紹介元] Kstyle – 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle 「マネーゲーム」コ・ス、世間の通貨危機に新法案の可決を要請

スポンサーリンク

14万本以上もの映像作品、70誌以上の雑誌、さらにコミック・書籍が30万冊以上!
ラインアップは国内最大級!話題の新作をいち早く見るなら絶対U-NEXT!